ありさんち。(アラサー専業主婦の育児とあれこれ)

1歳の男の子子育て中のアラサー専業主婦です。

スポンサーリンク

親知らず(上)抜いてきました! 今日のごはんはいわしバーグ。

今日は右上の親知らずの抜歯にいってきました。

f:id:arisanchi:20180921223344j:plain

 

左は上下ともに4年くらい前に抜いていたのですが、それがまあ怖くて。

右も抜かなきゃと思いつつ、放置してきてしまいました。

 

そろそろ抜かなきゃと思ったのは、息子の妊娠中。

歯医者が苦手なのでそれまで行っていなかったのですが、マタニティ歯科検診の補助券をもらったので行くことに。

すると右上の親知らずが虫歯になっていることが判明!

まだ小さい虫歯なので急がないけど、出産して落ち着いたら抜くか虫歯の治療をしましょうと言われました。

 

出産後は毎日の忙しさにかまけて、歯の治療のことはすっかり頭の中から消えてしまっていたのですが、最近、上下の親知らずでほっぺたの内側の肉を頻繁に噛んでしまうように。

口内炎が繰り返すようになってしまってご飯を食べるのも喋るのも辛いので、ようやく親知らずを抜くことを決心しました。

親知らずは骨が柔らかい(?)若いうちに抜いた方が痛みもでにくいと言いますしね。

でも本当に怖くて、歯医者に着くと恐怖で若干の吐き気と手の震えが。。

(今思うと怖がりすぎですね)

 

怖すぎて今日はドキドキしながら抜歯に挑んだのですが、

表面麻酔をしてから注射で歯茎に麻酔をして、ちょっとメリメリっという音がしたかな?と思ったらもう抜けていました!

あまりにも早すぎて先生の抜けましたよ、という言葉が最初は信じられなかったくらい。

本当にあっという間で拍子抜けしました。

 

というのも数年前、左上の親知らずを抜いた時はペンチみたいなので引っ張られて、めちゃくちゃ唇と顎が痛かったのです。

同じようにまっすぐ生えている歯だったのに、、。

そういえば今日はペンチみたいな道具は使っていませんでした。

道具の違いかな?それとも先生が上手だったのだろうか。

 

病院に入ってからお会計がすむまで20分。

その間息子を見ていてくれたオットもびっくりの速さでした。

 

これから虫歯が何本かあるのでその治療をして、それから右下の親知らずを抜く予定です。

下を抜くのはさらに怖いけど、今年中に頑張って抜くぞー!

 

 

 

そして今日の息子のごはんはいわしバーグ。

 

内臓と頭をとったいわしを圧力鍋で20分加圧(高圧)。

すると骨まで柔らかくなるのですり鉢ですりつぶします。

そこに玉ねぎのみじん切りと片栗粉適当に(バサパサだったら茹で汁ちょっと入れます)。

あとは油を引いたフライパンで焼くだけ!分量は目分量の適当レシピ(もはやレシピと言えるのかも微妙ですね)

 

汁物に入れてつみれ汁のようにしても美味しいですし、醤油やポン酢をかけるのもありです。

いわしは安いし、骨ごとだからカルシウムも取れるのでおススメです〜。

 

息子もこれはぱくぱく食べていました!

お味噌汁はまたぶちまけたけどね。。

 

明日は抜歯したところの消毒に行ってきます!